1. HOME
  2. 業務内容
  3. 登録住宅性能評価機関
  4. 住宅性能評価
  5. 手数料(既存)

登録住宅性能評価機関

住宅性能評価

手数料(既存)

住宅性能評価(既存住宅)の手数料は、「現況調査手数料+個別評価手数料」となります。
原則として建築確認が1981年6月1日以降で検査済証があるものに限ります。

既存住宅(戸建住宅)

現況調査手数料

単位:円

延床面積 設計図書有り 特定現況調査項目(腐朽、蟻害)
200㎡未満 176,000 77,000/一箇所
200㎡超 198,000 99,000/一箇所
特記事項
  1. 現況調査手数料には、「指定住宅紛争処理機関」への負担金を含みます。
  2. 当該検査場所が遠隔となる場合は「遠隔地割増手数料規程【課税】」に基づき別途遠隔地割増手数料が加算されます。
  3. 再調査の場合は、1回につき33,000円を頂きます。
  4. 本規定に定めのない事項については別途協議し定めることができることとします。

個別性能評価手数料

単位:円

評価項目 建設評価書無し
(設計図書有り)
新築時の
建設評価書有り
構造の安定に関する事 1-1 耐震等級(構造体の倒壊防止) 別途見積 33,000
1-2 耐震等級(構造体の損傷防止)
1-3 その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止および損傷防止)【免震建築物】
1-4 耐風等級(構造体の倒壊防止および損壊防止)
1-5 耐積雪等級(構造体の倒壊防止および損壊防止)
1-6 地盤または許容支持力等およびその設定方法 11,000
1-7 基礎の構造方法および形式等
火災時の安全に関する事 2-1 感知警報装置設置等級 11,000   6,000
2-4 脱出対策(火災等)
2-5 耐火等級(延焼の恐れのある部分「開口部」)
2-6 耐火等級(延焼の恐れのある部分「開口部以外」)
劣化の軽減に関する事 3-1 劣化対策等級 別途見積 11,000
維持管理に関する事 4-1 維持管理対策等級(専用配管) 11,000   9,000
温熱環境に関する事 5-1 断熱等性能等級 44,000 33,000
5-2 一次エネルギー消費量等級 55,000 50,000
空気環境に関する事 6-2 換気対策(局所換気対策) 11,000   6,000
6-3 室内空気中の化学物質の濃度等 132,000/一箇所 110,000/一箇所
光・視環境に関する事 7-1 単純開口率 11,000   6,000
7-2 方位別開口率
高齢者等への配慮に関する事 9-1 高齢者等配慮対策等級(専用部分) 11,000   6,000
防犯に関する事 10-1 開口部の侵入防止対策 11,000   6,000

既存住宅(共同住宅)

現況調査手数料

(1)共用部分(1棟の評価手数料)

単位:円

延べ床面積 設計図書有り 特定現況調査項目
(腐朽、蟻害、一項目につき)
     ~  200㎡ 180,000 別途見積
 200㎡超 ~  500㎡ 200,000
 500㎡超 ~  1,000㎡ 240,000
1,000㎡超 ~  3,000㎡ 280,000
3,000㎡超 ~  5,000㎡ 350,000
10,00㎡超 ~ 10,000㎡ 450,000
10,000㎡超       別途見積
(2)専用部分(1住戸の評価手数料)

単位:円

  設計図書有り 特定現況調査項目
(腐朽、蟻害、一項目につき)
1住戸 55,000 別途見積
特記事項
  1. 上記(1)、(2)の手数料には、「指定住宅紛争処理機関」への負担金を含みます。  
  2. 当該検査場所が遠隔となる場合は「遠隔地割増手数料規程【課税】」に基づき別途遠隔地割増手数料が加算されます。
  3. 再検査の場合は、1回につき上記の1/3の料金を頂きます。
  4. 本規定に定めのない事項については別途協議し定めることができることとします。

個別性能評価手数料(選択項目)

(1住戸の評価料金)

単位:円

評価項目 建設評価書無し
(設計図書有り)
新築時の
建設評価書有り
構造の安定に関する事 1-1 耐震等級(構造体の倒壊防止) 別途見積 33,000
1-2 耐震等級(構造体の損傷防止)
1-3 その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止および損傷防止)【免震建築物】
1-4 耐風等級(構造体の倒壊防止および損壊防止)
1-5 耐積雪等級(構造体の倒壊防止および損壊防止)
1-6 地盤または許容支持力等およびその設定方法
1-7 基礎の構造方法および形式等
火災時の安全に関する事 2-1 感知警報装置設置等級 11,000/戸 6,000/戸
2-4 脱出対策(火災等)
2-5 耐火等級(延焼の恐れのある部分「開口部」)
2-6 耐火等級(延焼の恐れのある部分「開口部以外」)
劣化の軽減に関する事 3-1 劣化対策等級 別途見積 11,000
維持管理に関する事 4-1 維持管理対策等級(専用配管) 11,000/戸 6,000/戸
温熱環境に関する事 5-1 断熱等性能等級 44,000 33,000/戸
5-2 一次エネルギー消費量等級 55,000
空気環境に関する事 6-2 換気対策(局所換気対策) 11,000/戸 6,000/戸
6-3 室内空気中の化学物質の濃度等 154,000/一箇所 110,000/一箇所
光・視環境に関する事 7-1 単純開口率 11,000/戸 6,000/戸
7-2 方位別開口率
高齢者等への配慮に関する事 9-1 高齢者等配慮対策等級(専用部分) 11,000/戸 6,000/戸
防犯に関する事 10-1 開口部の侵入防止対策 11,000/戸 6,000/戸

現場検査時に遠隔地割増手数料が必要な地域および金額についてはこちらから確認してください。